自動車保険には任意保険と自賠責保険といった二個の種類が用いられています。任意保険も自賠責保険も、事故に遭った場合の補償に関するものですが実際の内容はやや違っています。二つの保険をよく見ると補償の対象となるものが多少区別されているのです。※事故の相手については、任意保険あるいは自賠責保険の双方で補償されようになっています。※自分については、【任意保険】のみによって補償されるよう取り決められています。※自己が所有する財産においては、<任意保険>のみによって補償されるよう取り決められています。自賠責保険単独では自分自身へのケガないしはクルマへのサポートは受けることができません。さらに相手に向けての補償などのサポートですが自賠責保険においては亡くなってしまったケースでは最大額で三〇〇〇万円・後遺障害を与えてしまった場合最高額四千万円などといったように定められています。しかし賠償額がこの額を上回ることは結構な頻度で起こり得ることに注意しましょう。加えて事故の相手方の所有する愛車または家を毀損してしまった時事故を起こした者によるまったくの自己負担になるという決まりです。ですから任意保険という別の種類の保険が大切だと考えられます。被害を受けた人に対するサポートが主眼となっている任意保険というものにも実はそれとはまた違う役割があるのです。※相手方に対しては、死亡時あるいは傷害のほか愛車や建築物といった様々な所有物を賠償してもらえるのです。※自分に対しては同伴していた人も入れて、死亡時もしくは負傷を賠償してもらえるのです。※自分の財産へは、マイカーを補償します。あらゆる面で援助が万全であるということが任意保険というものの長所なのです。保険料金の払い込みはどうしても必要となりますが、事故に巻き込まれた時の相手方のためにも自分自身のためにも、マイカーに末長く乗りたいのであればぜひ任意保険というものにお世話になっておくとよいでしょう。

Copyright © 2002 www.vsgala2012.co All Rights Reserved.