乗用車の(全損)とは名称通り自動車のすべてが故障した状況、言い換えれば走れないというような移動手段の車として任務を果たさなくなった状況で判断されますが、自動車の保険における「全損」はちょっと同義ではない意味があります。自動車保険の場合では自動車が破損した時に全損と分損という2つの結果に分類され【分損】は修理の費用が保険金内でおさまる状況を指し、その場合とは反対に「全損」とは修理のお金が補償額を上回ってしまう場合を言い表します。通常、車の修理で(全損)という場面ではエンジンに致命的な破損が起きたり車の骨組みがねじれてしまって直すのが不可能な時リユースか処分と決められるのが常識です。しかしながら、事故が発生して販売会社や自動車保険会社がこの修理費を見積もりした時に見かけがしっかりとして修復が可能な場面でも修復の費用が補償金よりも高ければなんで車の保険に入っているのか分からなくなるでしょう。こういう状態では《全損》と判定してマイカーの所有権を保険会社へ譲って補償金を受けとるシステムとなっています。当たり前ですがかなりの期間連れ添ったマイカーで愛情があり自分で費用を出して修理をしてでも所持したいと考える人はいくらでもいるので場面にて車の保険屋さんと話し合うといいかもしれません。また、自動車任意保険ではこのような場合が考えられていて特約などの全損の時のための特約を設けている状況が存在し不幸にもマイカーが《全損》なってしまっても新しく車を買う代金を多少なりとも補償してくれるケースも実在します。更に盗難時補償の特約をつけている場合、盗難被害にあったマイカーが発見されない場合も全損とされ保険金が支払われるサービスになっているのです。

Copyright © 2002 www.vsgala2012.co All Rights Reserved.