自動車での事故があった際、被害者だとしても、相手が手落ちを一切納得しない場面はたくさん聞くことがあります。例えば、わざと起したのではなく不注意で激突された際に、そういった言い争いに発展する状況がありえます。例えそうであっても、現場で車のみの「物損」処理されて、後で体の痛みが出た時に、かかった病院の証拠書類を警察署に出すということは遅れを取るとなるのは仕方がなくなってしまいます。それならば、自動車での事故の過失割合の決定には何らかの判定基準が設定されているのでしょうか。細かく申しますと警察が決定するのは車の事故の原因が認められるのはAかBかという事であって、「過失割合」ということではありません。さらに、決定された事故の責任者が警察署からはっきりする事は事態は有り得ないです。そんな訳で、過失割合は当事者の相談によって決定され、その結果が自動車事故の賠償の算定の根拠となります。この場合に、共に自動車任意保険に入っていない場合には、本人同士が面と向ってやり取りしなければなりません。しかしながら、当然の事ながらこういったやり取りでは、非論理的な応報になる状況があります。さらに、お互いの主張にギャップがあれば万が一の場合、裁判にまで進みますが、それでは年月とコストかなりの無駄を避ける事ができません。ですから多くの場合事故に関係するドライバーに付く保険の会社、そういった双方の自動車の保険の会社に全て任せる対応を用い、適度な割合を落ち着いて確定させるのです。そういった時には自動車保険会社は以前の自動車での事故の事例の結果から算出した認定基準、判例タイムズなどを土台として予想と協議を活用して過失の割合を算定します。と言いつつも車の事故においては、遭ったのか原因となってしまったのかには関係なく最初に警察に連絡するのが大切です。その後で、自動車の保険の会社にやり取りをして、その先の調整を任せるのが順番となります。正しい仕組みさえ分かっていれば、当事者同士の無意味な協議への展開を未然に防止できるに違いありません。

Copyright © 2002 www.vsgala2012.co All Rights Reserved.