自動車保険には自賠責保険と任意保険に代表される二つの種類が用いられています。自賠責保険も任意保険も、万が一のアクシデントなど備えたものですが、契約の中身は細かな点で異なっています。2つの保険を比べると補償できる条件が差別化されているのです。※相手に関しては任意保険、自賠責保険どちらでも補償されるよう取り決められています。※自分については「任意保険」を用いて補償します。※自己の私有する財産へは『任意保険』によってのみ補償します。自賠責保険だけでは、自らへの傷害ないしは車への賠償などのサポートは受けることができません。相手への賠償などのサポートですが自賠責保険においては亡くなられた場合は最高3,000万円・障害が残った場合最高額4,000万と決められています。ただし実際の賠償額が前述した額を超えてしまうことはよくあることです。またさらに事故の相手方の乗用車あるいは家を壊したケースにおいては、事故を起こした人の全くの自己賠償とならざるを得ません。そういった負担を防ぐため任意保険が必要だと考えられます。害を被った者の救済を重要視する任意保険という制度ですが、それ以外にも補償が用意されています。※事故の相手方へは、死亡時や負傷の他にも、愛車や建築物などといったものの所有物を補償します。※自分へは、同乗者も込みで、死亡時や傷を賠償するのです。※自己の財産においては自動車を補償するのです。このように様々な面において賠償が万全であるということが任意保険が持つ最大のメリットです。掛金の負担はもちろん必要となってしまうこととは引き換えに事故が起きた時の相手のためにもクルマに憂いなく乗っていきたいのであればぜひとも任意保険に入っておいた方がよいでしょう。

Copyright © 2002 www.vsgala2012.co All Rights Reserved.