クレジットカードをお店において決済する際、誰でも経験があるのではないかと察しますがレジのスタッフが理解していないことでどの明細をお客様へ提示するのか迷うときがあるかと思います。

というのは、クレジットカードを使用するとレジ端末からは数枚のレシートが出されるからでして、これらのうちどのレシートを利用者の方に渡してよいものかどうか迷ってしまうというケースがあるのです。

3枚1組の使用レシートの正体→これらの数枚の使用明細の正体とははどういうものなのかということの概要は、↓の通りとなります。

1お客さんに保管してもらう明細レシート。

2店舗控え用のレシート。

3クレジットカード会社保管用レシート(署名を行うレシート)。

普段はお客さんの方へ渡さなければいけない明細を受領するのだがたまに、店舗控え使用レシートを利用者に誤って渡してしまうことの他サインをした方の紙を渡すという重大なミスさえもあるのです。

アルバイト従業員の場合やカードが利用されるケースの少ない店頭においてクレジットを利用する際それらの担当者の戸惑いが体験できることでしょう(笑)。

仮に従業員が誤った方の利用明細というものを渡してきた暁には怒らずに「こちらは違いますよ」と一言教えて上げて欲しい。

Copyright © 2002 www.vsgala2012.co All Rights Reserved.